コンセプト

珈琲マイスターが淹れる本格派のサイフォン珈琲を、高級感あるアンティークな雰囲気の中でゆったり楽しんでいただく喫茶店

珈琲マイスターが淹れる本格派のサイフォン珈琲を、高級感あるアンティークな雰囲気の中でゆったり楽しんでいただく喫茶店

花椿通りの椿屋珈琲店
花椿という名前のルーツは遠く慶長年間に遡ります。この一帯は当時出雲町と呼ばれ、以前はこの通りを出雲通りと呼んでいました(昭和十年頃)。 その頃から街路にツバキが植えられ、これを出雲椿と呼んで親しまれてきましたが、いつの頃からかこの通りは「花椿通り」という愛称で呼ばれるようになり、今ではすっかり定着してきました。

こだわり

コンセプト

コンセプト

椿屋珈琲店のテーマは、銀座の古きよき時代の洋館、コンセプトは脱日常感。 大正時代をモチーフにしたシックなインテリアと、静かに流れるクラシック音楽が落ち着いた大人の雰囲気を醸し出します。

入口

入口

珈琲の香りが立ち込める、長く続く階段が大正時代へと誘います。華やかな装飾よりも隠れ家的な演出を行い、銀座花椿通りにぴったりの高級感を醸し出します。

店内

店内

店内に一歩足を踏み入れると、そこは大正ロマンの趣。東郷青児のB0サイズの絵画、高級感溢れるインテリアや素材を利用した演出。入店前の期待は入店後にも裏切られません。ゆったりと流れる時間の中で、贅沢な時間をお過ごし下さい。

PAGETOP